iphoneのバッテリー交換ができる場所と料金比較!

毎日、使うiphone。iphoneの画面がよく固まる・動きがなんだか遅いなど、1度はみなさん、感じたことあるのではないでしょうか。iphoneは新規モデルを買おうと思ったら、10万円以上します。調子が悪いからといって、すぐ新しいものに買い替えるなんて、なかなかできません。これらの問題はバッテリーを新しいものに交換すれば、解決することも多いです。本日はバッテリー交換について説明いたします。

1.iphoneのバッテリー交換のタイミング

iphone

まず、初めにiphoneのバッテリーの交換タイミングですが、目に見えてわかるわけではないので、いつ換えればと思う方も多いと思います。はっきり何年に1回、換えなければならないなどの決まりはありません。使用環境によって、バッテリーの劣化は変わってきます。感覚的に充電の減りが早いと思ったら、バッテリーを交換するでもいいですが、バッテリー交換の目安の確認方法を紹介したいと思います。

2.iphoneのバッテリー劣化の確認方法

iphone

・iphoneの設定から「バッテリーの状態」を確認する
・充電回数から確認する

iphoneのバッテリーの確認方法は2つあります。1つ目はiphoneの設定から確認する方法です。iphoneの設定にバッテリーという項目があり、そこから、バッテリーの状態が確認できます。「バッテリーの状態 80%」とでていたら、これは、「フルに充電したとしても新品のときの80%ほどの電池残量しか蓄積できない」という意味です。80%ならかなり電池の減りが早いと感じるかもしれませんね。ピークパフォーマンス性能についですが、これはバッテリーに何か異常があっても、問題なく使えるように調整しようとする機能で、バッテリーに異常があれば、ピークパフォーマンス性能が働いていて、メッセージにもその旨が書かれます。

もう1つは充電回数からの確認方法です。Apple社の公式発表ではiphoneのバッテリーは0%から100%の充電を500回したときに、バッテリーは本来の容量の最大80%を維持できる」と言っています。500回なので毎日、充電したら、2年も持たないのでは?と思うかもしれませんが0%から100%で1回として数えるので、50%の充電があって、100%にしたときは1ではなく0.5で数えます。0%まで使い切って充電することは、そうそうないと思うので、継ぎ足しになると思いますが、2年は持つと思います。

また、80%は高い数字に思えますが、つまりは、購入の時より20%パフォーマンスや性能が落ちていると言うことです。同じ状況で同じ使い方をしていても、買ったときは10時間使えていたものが、今は8時間しか使えないとなると、大きな差があることがわかるのではないでしょうか。朝から晩まで予定があるときなどは、少し心配になりますね。何かおかしい?バッテリーを交換した方がいいかな?と悩まれているときはこちらをチェックしてみてください。

3.iphoneバッテリー交換ができる場所

iphone

バッテリー交換のタイミングはわかったので、では実際に換えたいどうしたらいいのか、説明いたします。まず、バッテリー交換ができる場所ですが、主に4つあります。
・Apple Store
・正規の代理店(カメラのキタムラ・ビックカメラなど)
・各種携帯キャリアショップ
・非正規のiphone修理店

どのお店がいいかですが、ポイントは3つあります。まず保険や保証に入っているかです。Apple製品を購入するときにApple Care+というiphoneの保険に加入するかどうかを聞かれると思います。これに入っているなら、保険が効くようにApple Storeや正規の代理店で直す必要があります。別のところでは効きませんので、注意が必要です。また、各種携帯キャリアショップでiphoneを購入された方も、それぞれの携帯ショップの保険があると思います。その保険等に加入された方も、保険が効くように、購入した場所・保険に入っている場所で直すのがいいでしょう。

次にデータについてです。Apple Store・正規の代理店・携帯キャリアショップでは修理に出すとデータが消されて戻ってきます。データが消えなくない方は非正規の街中にあるiphone修理店がおすすめです。最後は修理の期間です。Apple Store・正規の代理店・携帯キャリアショップでは長くて1週間ほどバッテリー交換にかかってしまいます。また受付自体に予約が必要などの手間がかかります。1週間なので、代替え機などの貸し出しを行っているお店もありますが、代替え機をやっていないところもあります。

1週間iphoneがないとなると、とても不便です。しかし、街中にある非正規のiphone修理店なら、お店の状況によりますが、即日対応・修理してくれるところもあります。早いお店だと5分でできるところもあるようです。急いでいる方は非正規のiphone修理店がおすすめです。実はiphoneを自分でバッテリーを交換することも可能ではあります。安く済ませたい方は自分でやってみるのもいいかもしれません。ただ、素人なので、失敗して壊れたら、自己責任です。リスクがあることを十分に理解した上で、行うようにしてください。

4.料金比較

iphone

次に料金の比較です。料金もお店を選ぶ上で大事な、判断材料になってくると思います。お店によって差があるので、あくまでも1つの目安にしてください。バッテリーの交換は保険に入っていて、期間内であれば0円でできます。ただしバッテリーの容量が従来の80%以下になったとき限定。バッテリー交換しようか悩まれている方はすぐにしてみてください。

・Apple Store Apple Care+に加入していたら0円 入っていないなら5,940~8,140円
・正規の代理店 Apple Storeと同じ
・各種携帯キャリアショップ それぞれの保険補償内容による 保険に入っていたら0円 入っていなければ 5,000~9,000円くらい
・非正規のiphone修理店 5,000~9,000円くらい

バッテリーの交換は保険に入っていれば保証がきいて、自然故障の場合は無償で交換してもらえます。保険にはいっていなくても、Apple Storeや正規店ではiphone 8 plusより前の機種であれば5,940円、iphone 8plus以降のモデルでも8,140円で行ってくれます。正規の代理店はApple Storeの認可の修理店なので、Apple Storeと同じという認識で大丈夫です。各種携帯キャリアショップはお店によって違いますが、ドコモならApple Care+に加入できて、保証が受けられます。

Apple Care+なのでApple Storeと同じ保証内容です。また、Apple Care+に入っていなくてもiphone X以降のモデルなら7,400円でバッテリー交換ができます(2020年12月時点)街中にある非正規のiphone修理店もお店によってまちまちですが、大きく値段がかわることはありません。しいて言うなら街中のiphone修理店だけ保険が関係ないので、無償で交換がないくらいだと思います。値段にそこまで差がないので、保険に入っているか・データが消える・早い方がいいなどで、お店を選んでみてください。

バッテリー交換に出すときに注意したいのがバックアップです。特に、Apple Store・正規の代理店・携帯キャリアショップではデータが消されてしまうので、必ずバックアップする必要があります。非正規のお店は消えないとはいえ、念のためにバックアップを取る方がいいでしょう。バックアップは「iCould」と「iTunes」で行うことができます。

5.まとめ

iphone

iphoneのバッテリー交換について、バッテリー交換のタイミング・交換を行っている場所・価格などについてまとめました。皆様の参考になりましたか?少しでも、交換した方がいいかなと感じている方はぜひ、この機会にバッテリー交換をしてみてください。